ファンデーションは同じブランドを使うべき理由

私のおすすめファンデーションは断然レブロンです。以前は、ファンデーション迷子で安いものから高いものまで本当にたくさんの種類のもの使ってきました。今のレブロンにたどり着いたのは、本当に半年前くらいです。

私はファンデーションに、リキッドとプレストパウダーを使っているのですが、今までは二つとも違うブランドの物(薬用クリアエステヴェールフローレスフィット)を使っていました。やはり、同じブランドのもので合わせた方が良いことはわかっていたのですが、そもそもどのブランドの何が自分に合うかもわかっていなくて、あまり気にしていませんでした。

私は混合肌なのでファンデーションを見つけるのは難しかったです。乾燥したり、油がすごい出てきたりなど、なかなか混合肌に合うファンデーションは見つかりませんでした。

レブロンと出会ったのは、大手通販サイトでレビューの評価が良いのを見て、まずリキッドファンデーションを買いました。比較的柔らかい感じのテクスチャーで伸びがすごく良くて、少量なのに顔全体に塗ることが出来ました。薄付きなのにシミやクマも隠れて、このクオリティで2000円はかなりコスパが良いです。

肝心の肌に合うかどうかですが、今までどれもなかなかしっくりくる商品に出会えなかった私がやっと来た!と思えるくらいのものでした。乾燥もしなければ、油も浮いてこない。まさにこれだというものに出会うことが出来たのです。

レブロンのリキッドを使い始めてから、1本使い終わる頃に、プレストファンデーションも購入して、ライン使いをしています。やっぱり同じブランドのものを使うように作られているんだなと思えるくらい、化粧後の肌の悩みがなくなりました。

値段も安いですし、長持ちするので本当にコスパ素晴らしいです。これからもずっと長く使い続けていきたい化粧品の一つです。

肌が明るくなれば元気になれる

仕事が忙しくて、徹夜か続いた事があったんです。私の肌って乾燥肌で、すぐにカサカサしてしまうのに、徹夜が続くと、肌の色もくすんでしまって、かなり顔色悪い人に見られてしまうんですよね。身近な人にかなり心配されてしまいました。私としては、出来れば外見だけでも健康的に見せたいな。と、思ったんです。

そこで私が使用したのは、ちふれの「モイスチャーパウダーファンデーション」です。もともと、カバーマークのファンデーション「フローレスフィット」を使用していたのですが、いまいち肌に合いませんでした。そこで肌に優しいと評判のちふれが良いと思ったんです。少しでも肌が明るくなれば、気持ちも変わるだろうと思ったんです。

どうして、リキッドタイプからパウダータイプに変えたかというと、疲れた肌だとリキッドタイプが上手くノッてはくれなかったんです。それに、このパウダーファンデーションは、水で濡らしたスポンジを固く絞って使えるというのが、良いですよね。パウダータイプでも、かなり薄くのばす事が出来るんです。

それに、潤い成分配合というのも嬉しいです。特に乾燥肌の私にとっては、使用した後に肌がしっとりしてきて、嬉しかったです。

色も、明るく見せる為にピンクオークルを使ってみました。肌の色が明るくなると、それまで元気がなくても、何となく元気が沸いてくるので不思議です。

パウダータイプの良いところは、サラサラ感がある所ですよね。頬が健康的にふっくらして見えるので、かなり気に入っています。

コスパ最高のちふれのファンデーション

もう5年は愛用しているちふれのファンデーション、これすごくおすすめです。

以前はKATEのファンデーションを使っていたんですけどマッド感がいなめないというか、時間がどうしても浮いてきてしまってそれが悩みでした。きっとオイリー肌の私には合っていなかったんだと思います。

それで他のファンデーションを試そうと思ったんですが、購入してまた肌に合わなかったらもったいないと思い、一番お手頃に購入できるちふれのファンデーションを試してみることにしました。

ちふれのファンデーションは500円前後で購入できるのでもし失敗してももったいなくありません。安いので半信半疑で使ってみたのですが、これが私にはピッタリ合っていました。時間がたっても粉が浮いてくることもないしマッド感もなく自然な肌質になるのが気に入っています。KATE を使っていた時は、鼻にファンデーションを塗るとすぐに粉が浮き出てきてしまったのですがちふれはそんなこともありませんので、化粧の時間も短縮され化粧直しも必要なくなりました。安いので最初は心配していましたが値段と効果は比例しないんだと思いました。

これからファンデーションを変えたいと思っている女性にはまずちふれを試してみてほしいと思います。値段が上がるからといって一概にいいとは言えませんしそれが肌に合うかは別物です。値段が安くて満足できる仕上がりになるなら最高じゃないですか、私はとってもおすすめしたいです。

肌悩みが多くてもすっぴん風素肌メイクがポーラのファンデで実現

今年は、肌のアラを隠しすぎない「すっぴん風素肌」が来ると雑誌で見て興味は持ったものの…現実はシミやくすみ、目立つ毛穴など肌悩みが多すぎて、自分の肌ではすっぴん風素肌は到底無理かなという風に考えていました。

でもできることならやってみたくて、いろんなファンデーションを調査してみたところ、透明感を重視したファンデーションを見つけることが出来ました。そしてつい先日カウンターで色を見てもらい購入しました。

私が購入したのはポーラの「ディエムクルールカラーブレンドファンデーション」です。これは本当に今までにないファンデーションで面白いし、新しもの好きな人には一度試してもらいたい商品なんですよ。というのも、色が4色、模様のようになったファンデーションなんです。今までフェイスカラーではこういうのを見かけたことがありましたが、ファンデーションでは初めてだと思います。

つけ方もすごく変わっていて。縦方向にパフをスッと滑らすようにすると虹色になるんですね。それをすっと鼻の付け根らへんからエラに向かってスッとのばすと顔も虹色になるんです。すっすっと線を描くようになじませていくと、肌色になっていくんですが、完璧に肌色にならなくてもそれが奥行きを感じさせる仕上がりになるんだとか。そしてツヤを出したい部分は、起毛面でくるくると磨きます。

すると、透明感がホントにすごくて。透明感で肌のアラを隠せるんです。多分、若い人が使ってもきれいに仕上がるとは思いますが、このファンデはある程度年齢を重ねた方で透明感を重視する人におすすめだなと思います。

とにかくすごい、のひと言ですから、一度カウンターでつけてみてもらってください。きっと文字で読むよりも実際につけてみてもらったほうが、この感動が伝わるはずです。このファンデーションならば、肌悩みが多くても透明感のあるすっぴん風素肌メイクが実現します。かなりおすすめです。

カサカサ肌にとても良いファンデーション

私の肌は、乾燥肌でいつもカサカサしている状態なんです。特に寒くなるとカサカサ感は更にひどくなってしまい、一応乾燥肌対策はしているんですが、疲れた時や睡眠時間が短い時には、かなりひどいんです。

こういう時には、パウダー系のファンデーションだとカサカサ感が目立ってしまうので、リキッドタイプにするようにしてるんです。私が気に入っているのは、ちふれの「UVリキッドファンデーション」です。

使うキッカケになったのは、敏感肌の人に良いファンデーションを探していて、ネットの評判を聞いて購入する事にしたんです。使用した感じは、思った以上に良かったです。下地もいらないし、伸びも良いので、気になる所を特に念入りに出来るのが良いですね。

専用スポンジも使いやすいですし、色の種類も豊富なので選ぶ時にも、自分の好きな色が買えました。自然な肌の色に見えるようにオークルを選びました。

このファンデーションを使ってから、肌のカサカサがあまり目立たなくなったので、朝のメイクが早くなりました。どうしても、肌のカサカサを隠すのに手間取ってしまうんですよね。

それに、肌自体も以前よりもカサカサ感が減った気がするのが嬉しいです。やっぱりノンアルコールなのが、肌にとても良いんだと思います。

乾燥肌で悩んでいる人は、リキッドタイプの方が何かと良いと思います。気になる場所だけでもリキッドタイプを使って、上からパウダータイプで隠せば、とても綺麗な仕上がりに見えるというのも良いですよね。

乾燥、小じわやたるみにはBBクリームファンデがおススメ!

年齢肌のためか、乾燥する時期だからか、最近ファンデーションを塗るとカサツキが気になり、小じわやほうれい線まで目立つようになりました。毎日行うスキンケアも大事ですが、その上につけるファンデも大切です。

自分の肌に合うのはもちろんのこと、悩んでいる肌を改善してくれることも大切ですよね。以前から愛用していたファンデーションが合わなくなってきた時は、ファンデーションを見直す時期なのかもしれません。

私は乾燥や年齢によるカサツキと小じわ、ほうれい線に悩んでいました。いくらファンデを塗っても小じわやほうれい線は消えません。それどころか、どんどん目立つようになってきたのです。これはこのまま放置していてはもっと凄いことになってしまうと思い、思い切ってファンデーションを変えてみることにしたんです。

色々な口コミや、店舗での商品を見比べました。サンプルが使えるものは使用し、できないものは裏の成分をよく見てと。結構時間をかけましたが納得のいくものが見つかりませんでした。

そんなころ、ネットの広告をなんとなくクリックしたら、BBクリームのセールがあったのです。ファンデーションとBBクリームって違うのかな?と調べると、同じことが分かりました。

ただ、BBクリームは一つで色々な成分が入っているため、化粧下地や美容液は必要ないのです。そして一番は、しっとりするということです。それは美容液が入っているから。だから塗った後もしっとり感が持続して、夕方になっても乾燥はしなくなりました。

私が愛用しているのはDHCの薬用BBクリームGEです。色も自然でナチュラルな仕上がりになり、厚塗りに見えません。少しはカバー力もあるので、薄いシミも隠してくれます。これを使ってからは、肌の乾燥が本当になくなりました。木枯らし吹く中を歩いても肌はしっとりでした。私のような悩みを持つ人はおススメします。

プチプラファンデでもカバーできる

こんにちは。38歳、専業主婦のあきです。結婚して子供ができてから、美容にかけるお金と時間がびっくりするくらい減ってしまいました。主婦のみなさんなら、同じような方もいらっしゃると思います。

そんな中でも出来る限り歳に抵抗したいと思い、プチプラコスメをいろいろと試してみたところ、私が行き着いたのが「ちふれ」です。基礎化粧品ももちろんいいんですが、リキッドファンデーションのカバー力がすごいんです。
詳しくご紹介しますね。

UVリキッドファンデーション 5色 30mL 各800円(税抜)

「ちふれ」のBBクリームとパウダーファンデーションも試しましたが、乾燥肌の私にはリキッドファンデーションが一番良かったです。

30代後半になってくると、くすみやシミなど、隠したいところが増えてきます。
ですが隠そうとして厚塗りになったり重ねすぎると、ますます老けて見えるんです。その上、私のような乾燥肌は、ファンデーションを塗ってすぐにカサついてきてしまうんです。

それがこの「ちふれ」のリキッドファンデーションはとても伸びがよく、必要以上に重ね塗りすることがありません。しかも1回塗るだけで、隠したい目元のシミや顔全体のくすみをしっかりとカバーしてくれます。

このお値段でこのカバー力。私はもう何度もリピートしています。使い続けるにはお値段も大事な要素ですよね。︎主婦ともなると尚更です。「ちふれ」は私が若い頃からあるブランドです。ずっと愛されている証拠ですし、安心です。

プチプラでカバー力のあるファンデーションを探している方は、ぜひ「ちふれ」のリキッドファンデーションを試してみてくださいね。

コンパクトで使い勝手UPした薬用クリアエステヴェール

乾燥肌で季節によってはすぐに敏感肌になってしまう私は、普通のファンデーションが使えません。ファンデが良くってもクレンジングを使うと、つっぱって乾燥が悪化してしまいます。そこで3年ほどミネラルファンデを愛用していました。ミネラルという天然成分を配合しているのでお肌に優しく、洗顔フォームだけで洗い流せるのが特徴ですね。

ミネラルファンデはお肌には優しいのですが、粉を容器から出してブラシに取ってくるくる塗って、というのは少し手間が掛かります。風がある場所でのメイクはもちろんできませんし、テーブルの上のスペースも占領してしまいますね。少々面倒だなと思いながら使っていたのですが、そんな時に見つけたのが薬用クリアエステヴェールです。詳細な情報はマキアレイベルのファンデーションの口コミと評判を見てもらい、以下には私が使った感想をまとめます。

コンパクトに入っているタイプのファンデが、マキアレイベルから発売しています。ファンデ自体は従来の粉タイプなのですが、コンパクトを開けると粉の上に細かいメッシュのカバーがついているので、上にブラシを押し付けてくるくると取るだけで別の容器に出す手間がありません。必要な分だけ使えるので無駄にすることもないのが良いですね。

私は朝メイクをしたら化粧ポーチを持ち歩くということもないのですが、自宅でメイクをするだけだとしても、コンパクトになることで使い勝手がぐんと向上しています。フタを開けて、ブラシでくるくるするだけで簡単にファンデが塗れます。今までよりも格段に使いやすくなりましたので、ミネラルファンデを使うのが苦手だという人にもハードルが下がったように感じます。薬用クリアエステヴェールはミネラルのデメリットをカバーしてくれた優秀なファンデーションだと感じます。

シミ・ソバカスの悩みにはカバーマーク「フローレスフィット」

シミ・ソバカスには、カバーマークのファンデーション「フローレスフィット」がお勧めです。子供の頃からソバカスがあったため元々はあまり気にしなかったことと、いかにもメイクした感じになるので嫌で、以前はオーガニック系のリキッドベースにパウダーで仕上げたすっぴん系のベースメイクをしていました。

さすがに年齢が上がるに連れて、だんだんと大きめのシミになってしまい、カバーしきれなくなっていました。普段はそれでもいいのですが、出かける時などは気になります。

そんな時に、美容院で紹介してもらった美容系ウェブサイトファンデーションおすすめ人気ランキングの中で、カバーマークのファンデーションが取り上げられていました。アラフォーの読者が試しに塗っていたのですが、驚くほど自然にシミがカバーされていました。

それまでカバーマークのことはほとんど知らなかったため、家に帰ってからネットで調べたところ、アザや傷跡を隠す化粧品がルーツの会社だと知り納得しました。ネット上にも動画で詳しい使い方の説明がされていて、百貨店のメイクコーナーが苦手なため、オンラインショップで購入しました。

使い方は、まず顔全体に薄く伸ばしてから、シミの気になる部分に軽く叩くようにしてなじませます。コンシーラーのように使うといえば分かりやすいかと思います。私は今までのベースを全体に塗ってから、気になる部分にだけカバーマークのファンデを使うようにしているため、ナチュラルメイクに見せながらシミ・ソバカスは綺麗に隠すことができています。コンシーラーを使うよりもお勧めです。